nama_logo.png

2017年12月27日

ぽっかぽか

最近とある銭湯にはまっている。

171227.jpg

そこは、昔ながらの銭湯で、
男女の脱衣所の間の高いところに、番台のおばあさんが座っていて、
これまた高いところに置かれた(番台専用の)テレビを見たり、
お客さんと話したりしている。

浴場に入ると、
富士山と海景色が広がる。
(男女で一枚の壁なので、半分が見える。)

その下にはお花のタイルが施されていて、
お湯は、とんでもなく熱くて、10分が限界。
(これが江戸っ子風呂の熱さ?)

床には、貝殻の形のタイルが所々に散りばめられていて、
密かにかわいい。

お湯の熱さに耐えつつ、横の壁をみると、
桃太郎のお話が一通り、日本画?で描かれている。
(なんともシュールでステキ。)

毎回行くと、誰かしらおばさまに話しかけられる。
ロッカーほとんど空いているのに、
「この角今あくから、角がいいわよ。なんなら二個使っても大丈夫だからね。」と勧められたり、
ほとんど関係ない会話になんとなく参加していたりする。

住んでいるところじゃないけど、
ここがあるなら、住んでもいいなと思えるほど。

ああ、
心も体もぽっかぽか。


posted by けもの屋 主人 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181963288

この記事へのトラックバック